本場「沖縄」で空手体験

空手の本場「沖縄」で空手体験
初心者でも体験できます。空手の話、基本動作などを前城敬弘先生が丁寧に指導します。
・体験人数5人~40人 ・体験料はお問い合せ下さい。 ・集合場所 琉球舞踊館うどい
・体験時間は約80分
・お問い合せ先は琉球舞踊館うどいTEL098-949-7056
・体験場所は南城市知念「小林流小林舘協会知念空手道場」(那覇市内から車で45分)
・体験は初心者(初級)、経験者(中級、上級)に対応したし指導法を用意しています。
体験の様子
 
   

初心者(初級)体験のプログラム(体験時間約80分)
1.沖縄空手の紹介
*沖縄空手の由来や歴史を説明
2. 基本動作
(1)柔軟運動
(2)突き
*上段突き・中段突き
(3)蹴り
*上段蹴り(ハイキック)・中段蹴り・下段蹴り(ロウキック)
(4)受け
*上段受け・中段受け(中段外受け・中段内受け)・下段受け
3.型の練習
(1)基本型Ⅰ(型を習得してもらう)
4.実用練習
(1) 組み手(さばき)・・・外受け、打ち受け、蹴りの移動さばき
(2) 簡単な護身術・・・・・あご上げ、腕上げ、足ふみ
5.その他質疑応答

道場での練習風景
 
  

前城敬弘先生(教師八段)のプロフール
1981年2月 沖縄空手道小林流小林舘協会仲里周五郎先生に入門
1992年3月   沖縄古武道国際連合会会長仲里周五郎先生より古武道錬士六段及び師範免許状允許
1993年3月 沖縄空手道小林流小林舘協会会長仲里周五郎先生より空手道錬士六段及び師範免許状允許
2010年9月 沖縄空手道小林流小林舘協会会長仲里周五郎先生より空手道教師八段允許
2011年3月  小林流小林舘協会知念空手道場を開設
2008年11年12年15年 アメリカで指導カリフオルニア洲サンディエゴ、ウィスコンシン州ミルウォキー
(各回、アメリカ全州から約280名の空手家が参加)



コメントは受け付けていません