民泊の受入で気をつけていること

民泊で生徒さんがいい思い出と感じるには十分な受入準備が必要です。

私たちは民泊受入に無理がない受入を行っています。

連日の民泊受入を行うと民家さんの疲れから生徒と十分な交流が出来ない
ことが生じます。
きっとずっと思い出の感動体験を目指して、連日の民泊受入を行っていません。

SONY DSC  SONY DSC

SONY DSC  asahiga-4-H

24-10-21-misa-2-72 minnpaku-11-72-H

1校集中の受入を行うため、受け入れ日の前後2日間は他校の受け入れを行って
いません。民家さんは十分な休養をとり、生徒さんを万全の状態で受入を行っ
ていす。
受入先民家は厳選された民家さんです。
民家の受入環境(部屋、送迎車、風呂、トイレ、体験プログラムなど)の調査
受入先の民泊の理念(お持てなしの意識、商業主義でないないこと等)の調査
を訪問して行っています。
このように1校集中のお持てなし、生徒さんを家族として迎える民泊交流事
業を実施しています。

 

 


コメントは受け付けていません